歯が痛い!それってむし歯かも

ものを食べたら歯がしみる、何もしてないのに歯がズキズキする……。その症状は、もしかしたらむし歯のサインかもしれません。
むし歯は、歯の表面に付着したネバネバのプラーク(歯垢)から発生します。プラークに含まれる細菌、主にミュータンス菌と呼ばれるものが、食べかすなどから糖分を取りこんで強い酸を作ります。この酸によって歯の表面(エナメル質)が溶け始め、むし歯となるのです。

むし歯の進行レベルと治療法

むし歯の初期状態には、痛みなどの自覚症状がありません。むし歯は自然には治らない病気なので、放っておけばどんどん進行してしまいます。定期検診で予防や早期発見をするのが理想ですが、自覚症状が出るほど進行してしまった場合はできるだけ早くご来院ください。

進行レベル 症状 治療法
初期のむし歯(C0)
歯の表面が白濁した状態
痛みはなし
適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることも(保険治療)
エナメル質のむし歯(C1)
歯の色が茶褐色に変化
痛み、自覚症状なし
むし歯部分を削り、詰め物をする(保険治療)
象牙質のむし歯(C2)
歯の色が黒くなったり、穴があいたりする
甘いものや冷たいものがしみる
むし歯部分を削り詰め物を、症状によっては被せ物をする(保険治療、場合によっては自費治療)
神経まで達したむし歯(C3)
大きな穴や割れ目ができる
激痛、膿が出る
神経を取り除き、神経が入っていた管の内部を消毒して薬剤を詰める「根管治療」を行い、被せ物をする(自費治療)
歯根まで達したむし歯(C4)
歯の大部分が消失、歯根のみが残った状態
激痛、膿が出る、口臭がひどくなる
基本は根管治療だが、抜歯が必要な場合もある。抜歯した場合、ブリッジや入れ歯やインプラントなどで失った歯の機能回復を図る(自費治療)

ページの先頭へ戻る

最近増えている?知覚過敏について

歯がしみる、痛いといった症状は、むし歯ではなく知覚過敏である可能性もあります。

知覚過敏とは、エナメル質の下にある象牙質が、なんらかの原因によって露出し、刺激を受けている状態のこと。象牙質は神経に近い部位であるのため、刺激を受けると痛みを感じます。

特に歯の根の部分はセメント質が露出しているので、よく知覚過敏症の症状が出やすくなります。歯周病などで歯の根が露出したり、歯ぎしりや食いしばりで歯の根に負担がかかり、ヒビが入ることで歯の根に刺激が伝わりやすくなったりと、さまざまなケースで知覚過敏が起きます。

知覚過敏の症状は、自然に治まることもありますが、いつまでも続く場合もあります。コーティング剤を塗るなどの治療が可能ですので、痛みを我慢せず、一度ご相談ください。

ヒロコデンタルクリニックのむし歯への取り組み

患者様に合わせた診療

当院では、予防を重視した患者様のメリット第一の診療を心がけています。初診の際には30分~1時間かけてじっくり検査やカウンセリングを行い、患者様一人ひとりの病状やご要望に合わせた治療をいたします。そして治療後も通いやすい快適な環境を整え、定期検診を受けていただくことで、むし歯の予防や早期発見を行ってまいりたいと考えます。

状態の進んだむし歯を治療する際は、「できるだけ抜かない」、「できるだけ削らない」という考え方で、患者様の大切な歯を最大限に残せるよう努力いたします。また、レーザー治療を採用し、治癒が早くイヤな音や痛みが少ない、快適なむし歯治療を提供しております。

親知らずの抜歯について

親知らずとは

「親知らず」は、上顎と下顎のもっとも奥にある「第三大臼歯」のことで、抜いたほうがいいケースと、そのままでもいいケースがあります。健康な状態で生えてくる親知らずは、しっかりブラッシングなどのケアをしていれば、むしろ有用な歯のひとつです。

親知らずを抜いたほうがいい場合

横向きに生えてきたり、一部しか顔を出さなかったりする親知らずは、歯並びを乱し、ほかの歯を圧迫することがあります。ブラッシングしにくいイビツな隙間を生み、むし歯の原因になることも。隣の歯も巻き添えで被害をうけてしまうことが多いので、適切な処置が必要となります。

当院の抜歯は痛くないと評判です。親知らずのトラブルでお悩みの方は、ご相談ください。

歯列矯正について

歯列矯正とは、歯並びをキレイに修正する治療のことをいいます。ただキレイにするだけではなく、咬み合わせ、発音、咀嚼能力といった機能面でも改善をはかります。

歯に「ブラケット」という装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯の位置を調整していく「ワイヤー矯正」が最も一般的な矯正法です。ワイヤーが外から見えない「舌側矯正」、定期的にマウスピースを装着して歯の位置を調整する「マウスピース矯正」など、さまざまな矯正法があります。

当院で歯列矯正は行っておりませんが、提携の医院を紹介することは可能です。どうぞお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る