キレイで快適な歯を審美治療で

審美治療とは、歯や歯茎を美しくする歯科治療のことです。歯にコンプレックスを持っていて「人と話しづらい」「思いきり笑えない」、といった患者様のお悩みを解消するとともに、正常な咬み合わせなど、「機能的な美しさ」まで取り戻すのが審美治療の目的です。

審美治療のメリット

  • 歯がキレイになり、相手に与える印象が良くなる
  • 歯の悩みが解消され、自信が出る
  • 咬み合わせが改善する
  • 銀歯を自然な色に換えられる
  • 金属によるアレルギーがない

ヒロコデンタルクリニックの審美治療

当院では、「見た目」だけでなく「機能」も重視した審美治療を心がけています。せっかくキレイに治療した歯も、咬み合わせが悪かったり、歯周病で抜けてしまったりしては意味がありません。歯と歯茎が正常な機能を保ち続けられるよう配慮しながら、治療を行ってまいります。

特に審美治療において重要な詰め物などは、「CAD/CAM」と呼ばれるコンピューターシステムですばやく正確に作製します。「CAD/CAM」は、3Dカメラで患部を撮影(※)し、コンピューター上で歯形にぴったり合う詰め物を設計、そのデータをもとにセラミックや金属を削り出すシステムです。色や形がぴったり合う詰め物を作れますので、見た目がいいのはもちろん、しっかり咬めて割れにくいという機能性も実現できます。

また、セラミックやジルコニアといった非金属の素材を採用しておりますので、金属アレルギーが発生する心配はありません。

※口腔内環境によっては、3Dカメラではなく実際に型を取る場合もあります。

当院の審美治療メニュー

PTMC

専用のブラシ・スクリューを部位によって付け替え、歯と歯茎の間など、通常のブラッシングではケアしきれない部分まで徹底的にクリーニングします。歯がキレイになるのはもちろん、むし歯や歯周病、口臭の予防にも役立ちます。

ホワイトニング

歯の表面を白くする施術です。詳しくは本ページ「ホワイトニング」の項目をご覧ください。

被せ物(クラウン)や詰め物(インレー)

歯を削り、きれいな被せ物や詰め物をして色や形、歯並びを整える治療法です。審美治療ではもっともポピュラーなものになります。

レーザー治療

歯茎についてしまった黒いしみなどを、レーザーで落とします。金属や喫煙による着色で、特に高い効果を発揮します。また、口内炎による炎症をおさえられるほか、顎関節痛に効くなどさまざまなメリットがあります。

ページの先頭へ戻る

被せ物・詰め物はメタルフリー

金属アレルギーの患者様にも安心してご利用いただけるよう、当院では被せ物や詰め物にセラミックやジルコニアといった非金属素材を採用。金属を使わない施術(メタルフリー)に努めています。

当院で使用している素材・修復法
名称 概要 メリット デメリット
オールセラミック セラミックのみを使った素材
  • 透明感があり、とても美しい
  • 臭いがつきにくく変色しにくい
  • 摩耗しやすい
  • 柔軟さに欠け、割れやすい
ジルコニア 正式名称は酸化ジルコニウムというセラミックの一種
  • オールセラミックの10倍以上の硬度
  • 柔軟性があり、「曲げ」にも強い
  • セラミックとの二重構造で歯の色合いを出すため、歯を多めに削る
ラミネートベニア(ティーシーーズ) 歯の表面を削り、薄いセラミック板を貼り付ける
  • 色・形・厚さを細かく調整できる
  • 軽度の歯並びの乱れを解消できる
  • ホワイトニングで白くできない歯も白くできる
  • 変色がない
  • 自分の歯を削る必要がある
  • ホワイトニングより高価
  • やや強度が低い
ファイバーコア 神経を取った部分に、グラスファイバーという素材で土台を詰める
  • 歯根破折を最大限予防する
  • 保険で使う銀合金の土台のような色落ちリスクがない
  • 保険適用外なので、銀合金コアよりは値段が高い

審美治療の流れ

ステップ1 問診

どの部分を治療したいかといったご要望やご予算、ご希望の通院期間などをうかがい、審美治療プランをご提案します。当院は患者様との密なコミュニケーションを心がけておりますので、ご不安・ご不明な点などございましたらお気軽にご相談ください。

ステップ2 術前検査

治療を正確に行うために、視診や触診、レントゲン撮影などを行います。口腔内の模型をとることもあります。その際に歯周病やむし歯などが見つかれば、審美治療の前に治療を行います。検査結果をもとに具体的な治療計画(治療内容、期間、費用、結果予測など)を立案し、ご相談しながら計画を修正していきます。

ステップ3 治療

治療計画に基づき、治療を進めていきます。

ステップ4 術後検査

治療終了後、治療前と治療後の状態を比較し、チェックします。また、視診や触診、レントゲン検査などを再度行い、今後のケア方法について検討します。キレイな見た目と快適な機能性を保つため、メンテナンスは非常に重要です。

ステップ5 メンテナンス

治療後は、年2~4回の定期検診をお勧めしています。丁寧なブラッシングと定期的なメンテナンスが、キレイで快適な歯を保っていただくための秘訣です。

削らず白い歯にするホワイトニング

天然歯の元々の色を、歯を削らず薬剤によってキレイにする施術がホワイトニングです。

ホワイトニングの種類

名称 概要 メリットとデメリット
オフィスホワイトニング
歯科医院内で行うホワイトニング施術。歯の表面に薬剤を塗り、特殊な光を当てて歯を白くする。むし歯治療などで神経を取り除いた場合、歯の中に漂白剤を入れて、歯の内側から白くする方法もある
  • 施術が短時間で済む
  • 専門家に任せるので安心・確実

  • 白さが失われるのが比較的早い
  • 知覚過敏の症状がでることがある
ホームホワイトニング
自宅で行えるホワイトニング施術。薬剤を注入したマウスピースを毎日一定時間ずつ装着することで、少しずつ歯を白くする。だいたい2週間で希望の白さになる
  • 白さが長続きする
  • 施術の回数が少なくて済む
  • 効果を実感するまでに時間がかかる
デュアルホワイトニング 「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」、双方の施術を併用する
  • より確実に白くできる
  • 白さが長続きする
  • 手間がかかる

歯茎の漂白「ガムブリーチ」

笑顔がキレイに見えるかは、歯だけではなく歯茎の美しさも関わってきます。歯茎もキレイにしたいという方におすすめなのが、「ガムブリーチ」です。レーザーで歯茎の汚れた部分を除去し、新しい組織を再生させることでキレイな歯茎を取り戻します。

ページの先頭へ戻る