ヒロコデンタルクリニックの小児歯科

当院は、キッズスペースや「ガチャガチャ」など、お子様が楽しみながら治療を受けられるような環境設備を設けています。治療を受けたお子様や、親御様の治療をお待ちいただいたお子様には、ハンドルを回すとおもちゃが出てくる「ガチャガチャ」を1回分プレゼントいたします。とても好評で、「歯医者を嫌がらなくなった」というお子様もおられます。

治療を怖がって泣いてしまうお子様もたくさんいらっしゃいますが、最初は泣いてしまっても、徐々に慣れて上手に治療を受けられるようになっていきます。院長をはじめ、スタッフ全員が子を持つママですので、お子様のお話し相手になったり、歌を唄って励ましたりと、お子様の気持ちもケアしながら診療しております。どうぞご安心ください。

1歳から就学前まで

検診とブラッシングの後、フッ素塗布(※1)とシーラント(※2)によるむし歯予防処置を行います。フッ素塗布は保険適用可能です。もちろん、むし歯になってしまっている場合は、必要に応じて大人の患者様とほぼ変わらない治療を行います。痛みがなく治癒も早いレーザー治療もご用意しております。

また、親御様には、お子様の歯の「仕上げ磨き」方法をご指南いたします。泣いてしまって歯をうまく磨けないお子様でも、しっかり磨けるようにノウハウを伝授いたしますので、お気軽にお尋ねください。

※1 フッ素塗布予防法

フッ素塗布予防法とは、歯の表面にフッ素を塗る処置のことです。歯質を強くし、むし歯になりにくくします。塗布後、1時間は飲食を控えてください。フッ素だけで100%むし歯を防げるわけではありませんから、ブラッシングなどのご自宅ケアは忘れず行ってください。

※2 シーラント

歯の溝にプラスチックのカバーをし、歯をむし歯の原因から守ります。「シーラント」は溝を塞ぐ密閉材のことです。咬み合わせで不都合も生じませんので非常に有効な予防法とされています。

就学後

就学後のお子様は永久歯への生え替わり時期になりますので、咬合誘導(※3)や乳歯の抜歯などが必要になることがあります。咬合誘導や矯正治療をご希望の際には、専門医を紹介いたしますのでご相談ください。フッ素塗布は、半年に1回自費での処置となります。

※3 咬合誘導

咬合誘導とは、乳歯と永久歯が生え替わっていくなか、歯並びや咬み合わせ、骨格が自然に調和していくよう調整する矯正治療のことです。おもにワイヤーやマウスピースなどの矯正器具を用います。生え替わりが始まる6歳くらいから始めるのが一般的です。

妊婦の患者様へ

当院では、マタニティ診療も取り扱っております。当院は横浜市妊婦歯科無料健診実施医療機関に指定されております。お母様のお口の健康は、おなかの赤ちゃんにも影響を及ぼす大切な問題です。なかでも歯周病は、陣痛を起こす「プロスタグランジン」という物質の分泌を促進させるため、早産や低体重児出産のリスクを高めます。妊娠時は女性ホルモンの増加などにより歯周病にかかりやすくなるため、特に注意が必要です。

また、レントゲンや麻酔、処方薬の取り扱いにも気をつけねばなりません。当院のスタッフは全員が子を持つ母親ですので、お母様のお気持ちやご体調に配慮し、適切なマタニティ医療を行ってまいります。

ページの先頭へ戻る