歯周病は歯を失う一番の原因です

歯茎から血が出る、もしくは腫れているという場合、たとえ痛みがなくてもそれは歯周病かもしれません。

歯周病とは?

歯周病(歯槽膿漏)とは歯の周りの病気の総称で、日本人が歯を失う原因の第一位です。初期は自覚症状がほとんどないため、気がつかないだけで日本人の成人の約80%が歯周病と言われています。

歯周病が進行すると歯茎が炎症を起こし、歯と歯茎の間が広がり、溝(歯周ポケット)が深くなっていきます。歯周ポケットが広がると汚れが溜まりやすくなるので、細菌が繁殖しやすくなります。そうして歯茎の炎症が進み、歯を支えている顎の骨まで溶かされてしまうのです。

歯周病のカウンセリング

多くの患者様は、歯茎などに痛みが出て、歯がグラグラしてきてから来院されます。しかし、それはかなり歯周病の進んだ状態であり、歯の抜けるリスクがすでに高まっている状態です。

歯茎が赤く腫れていたり、歯茎から血が出ていたりしたら、それは歯周病の疑いがあります。痛みがなくとも可能な限り早めの受診をおすすめします。

もちろん、重度の歯周病になってしまった患者様も、あきらめず当院にお越しください。歯周病はヒロコデンタルクリニック院長の専攻分野で、治療には自信を持っています。

歯周病は全身の疾患に影響

お口の中だけでなく、歯周病は身体全体に影響を与えます。歯周病菌が血管の中に入り込むと、血小板が異常を起こして固まりやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞が起きやすくなります。

また、早産や低体重児出産のリスクを高めたり、心臓病や肺炎、気管支炎の原因となることもあります。糖尿病やメタボリックシンドロームや高血圧などの生活習慣病も歯周病菌が一因になっていると言われており、歯周病は現代人にとって大きな脅威となっているのです。

ページの先頭へ戻る

歯周病の進行段階と症状

歯周病の進行段階は、歯と歯茎の間にある「歯周ポケット」の深さで判別します。健康な歯周ポケットは1~2mm程度ですが、歯周病が進行するにつれて深くなっていきます。

進行段階 歯周ポケットの深さ 症状
歯肉炎
3mm程度 歯茎に軽い炎症が起こります。ブラッシングしたときや固い物を食べたときに出血することもありますが、まだ痛みはありません。
軽度歯周炎
4mm程度 顎の骨が溶け始めています。歯茎が腫れ、出血したり、冷たい水がしみたりします。口臭がきつくなることもあります。
中等度歯周炎
6mm程度 歯を指で押すとグラグラします。歯茎の腫れや出血、口臭などが悪化し、歯が浮くような感覚に悩まされます。
重度歯周炎
8mm以上 歯を支える骨はほとんど溶けてしまい、歯のグラつきや口臭が深刻化します。歯茎が痩せてしまい歯の根っこが露出するほか、患部からは膿が出るようになり、最終的には歯が抜けてしまいます。

ヒロコデンタルクリニック院長の考える歯周病治療

カウンセリング風景

私は、大阪大学歯学部で研修医として「歯内療法学」(「根管治療」に関わるもの)と「歯周病」を専門に学びました。

その経験から申し上げたいのは、歯周病は「基本の治療の積み重ね」が大切だということです。軽度の段階で治せるよう、まめにお口のメンテナンスを行うことが一番の歯周病対策です。

もちろん重度の歯周病にも治療法は存在しますが、その成功確率は高くありません。残念ながら手遅れとなってしまい、歯が抜けてしまうこともあるのです。その場合にもインプラントなどの治療法でお口の見た目と機能は回復させられますが、どうしても治療費は高くなります。

それに、重度の歯周病は脳梗塞や心臓病などといった恐ろしい病気の原因となってしまいますから、とにかく早期の治療、そして予防が重要なのです。

歯周病が進行して痛みを感じるころ、歯茎や骨はかなりのダメージを受けています。自覚症状がない段階で気づいて対処すべきという、とても厄介な病気です。

歯茎の腫れや出血に気づいた場合は、なるべくお早めにご来院ください。また、定期検診を受けていただくことで早期発見できますし、念入りなお口の清掃で予防もできます。ぜひ月に1回程度、定期検診を受けていただければと思います。

ヒロコデンタルクリニックの歯周病検査

1.歯周ポケット検査

歯と歯茎の間には、もともと1~3mmのわずかな溝が存在します。この溝は「歯周ポケット」と言われ、歯周病の影響を強く受ける部分です。

歯周病が進行すると、歯と歯茎の間が開き、歯周ポケットが深くなっていきます。この深さを測ることで、歯周病がどの程度進行しているのかを把握します。

深さと進行度の関係については、前述の「歯周病の進行段階と症状」をご覧ください。

2.歯の揺れ具合の検査

歯周病が進行して歯の根を支える骨が3分の1ほど溶けると、歯がグラグラしてきます。この揺れ具合を表す数値として「動揺度」というものがあり、その段階は次のように表します。

動揺度0 歯がほとんど動かない
動揺度1 歯が頬側、舌側(左右)にのみ若干動く
動揺度2 動揺度1に加え、歯が前後にも動く
動揺度3 動揺度2に加え、歯が上下にも動く

動揺度が2以上であれば重度の歯周病です。動揺度3の場合、抜歯となる可能性が高くなります。

3.レントゲン検査

レントゲン写真で、顎の骨の状態を調べます。歯周病が進行している場合、骨は溶けて減ってしまっています。歯が骨からどれくらい露出しているかで、そのダメージの程度が分かります。

ページの先頭へ戻る

ヒロコデンタルクリニックの歯周病治療

レーザー治療

歯周病患部にレーザーを照射することで細菌を殺し、炎症組織を焼き取ります。レーザーには傷ついた組織の再生を促す作用があるので、歯周病の再現率を低く抑えられます。プラーク(歯垢)や歯石をつきにくくするという効果もあります。

歯周ポケット掻爬術

「歯周ポケット掻爬術(そうはじゅつ)」とは、スケーラーと呼ばれる専用の器具で歯周ポケットを治療する手術です。歯石や汚れ、感染している組織などを取り除くことで炎症をなくします。

フラップ手術

歯周ポケットが深すぎる場合、歯周ポケット掻爬術では対処しきれません。そうなると、麻酔として歯茎を切開し、歯の根っこを見える状態にしてから汚れや患部を取り除く「フラップ手術」が必要になります。

再生治療


エムドゲイン法

歯周病で痩せ細ってしまった歯茎や顎の骨を再生させる治療で、当院では「GBR(骨再生誘導法)」と「エムドゲイン」の2種類をご案内しています。どちらの治療法も、歯茎や骨を再生させるスペースを特殊な膜で確保し、そこに薬品を詰める(塗る)ことで組織の再生を促進させるという内容です。詳細な特徴などのご説明は、診療時に詳しくいたします。

ページの先頭へ戻る