むし歯にならないことこそ、最高のむし歯対策

むし歯にならないことこそ、最高のむし歯対策

歯科の治療といえば、歯を削ったりカバーを被せたりといった処置を想像されるかと思います。これらは「対症療法」と呼ばれ、「問題が発生したから、それを治す」という治療法です。この「対症療法」でひとまず病状がなくなり一安心、というのが、多くの患者様の経験されてきた歯科治療ではないでしょうか。

しかしむし歯や歯周病は、残念ながら再発しやすい病気です。実は日本における歯科治療の3分の2は、再発した病気の「再治療」だと言われています。

予防処置の様子

つまり、歯を守るうえで一番大切なことは、「治す」ことではなく「予防する」ということ。もちろん早期発見・早期治療は大切ですが、予防さえできていれば、そもそも治療の必要がないのです。いつまでも健康な歯でいるため、このページを参考に、予防の知識と意識を高めていただければと思います。

歯の予防意識を高めるために

人体における歯の重要性や、当院で実施している予防法についてお伝えします。

知識1:意外と多い!? 歯の機能

【機能1】
食べ物を咬む

食べ物をしっかり咬みくだくことで栄養の吸収を助け、胃腸への負担を軽減します。

【機能2】
味覚を助ける

食べ物の「歯ざわり」「歯ごたえ」などを感じ、味覚を助け、食事の楽しみを増やします。

【機能3】
表情をつくる

咬む力を顎に伝えて顔つきのバランスを整え、豊かな表情をつくります。美しい歯は笑顔も素敵にしてくれます。

【機能4】
力を入れる

歯を食いしばることで、グッと力を入れられます。

【機能5】
異物を認識する

口に入った異物を違和感で認識します。

【機能6】
発音をサポートする

「サ行」や「タ行」を発音してみると、歯が空気量を調節し、発音に役立っていることが分かります。また、歯があることで舌や唇を正しい位置に導かれ、より正確な発音が可能になります。

歯はただ「咬む」だけのものではなく、上記のような機能があるので、歯を健康に保つことは豊かな暮らしを送るうえでとても重要です。

歯科衛生士による徹底ケアが予防の鍵

予防の基本は毎日のご自宅でのブラッシングですが、どんなに丁寧にブラッシングしているつもりでも、残念ながらすべての汚れを落とすことは困難です。歯と歯の間や歯の裏といった部分には、硬くなってしまったプラーク(歯垢)や歯石など、歯ブラシでは除去できない汚れが存在しています。

そこで患者様のお力になれるのが、「歯科衛生士」です。お口の中の衛生管理をするプロフェッショナルで、お口のクリーニングや予防のアドバイスで、お口の健康づくりをサポートします。

ヒロコデンタルクリニックでは歯科衛生士の担当制を採用しております。いつでも同じ歯科衛生士がご対応することで、わずかな異変も見逃しません。お一人様30分から1時間、じっくりとケアさせていただきますので、予防の質の高さには自信があります。

ページの先頭へ戻る

実施ケア内容

ブラッシング指導

患者様それぞれの年齢、歯並び、お口の状態といった事情を考慮し、メンテナンスのプロである歯科衛生士が適切なブラッシング方法をレクチャーいたします。

フッ素塗布

フッ素は唾液中に含まれるミネラルの沈着を促進し、歯の再石灰化を促します。また歯質を強くして溶けにくくする効果もあるため、定期的に歯の表面に塗布することで、むし歯になりにくくします。

PMTC

専用の器具を使い、歯と歯茎の間など、自宅のブラッシングではキレイにしきれない部分まで徹底的にクリーニングします。最後はツルツルに磨き上げ、汚れが付着しにくくします。とてもスッキリすると評判です。

シーラント

奥歯の咬み合わせの部分にカバーをし、その部分のむし歯予防をします。生え替わったばかりの永久歯はむし歯になりやすいので、お子様にご利用いただくことが多いです。

咬み合わせチェック

咬み合わせをチェックし、異常があれば適切な治療を行います。咬み合わせに問題があると、歯列が乱れるため歯ブラシの行き届かない場所が増えてしまいます。また、咬む力のバランスが崩れ、顎や顔つきだけでなく全身のゆがみにまでつながることもあります。

生活習慣の指導

生活習慣指導の様子

むし歯や歯周病になる原因には、ブラッシングだけでなく生活習慣も関係していることがあります。時間をかけてちょこちょことものを食べたり、不規則な生活で抵抗力が落ちていたりしている人は要注意。歯科衛生士が、お口にやさしい生活習慣についてレクチャーします。

ページの先頭へ戻る